ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年06月19日 [コーチング]

子どもが小さい頃は、
育児書に〇才の頃に〜が出来るようになってくる。
そうやって書かれているものを参考に、
いろいろな働きかけをしていた時期がある。

習い事も〜がいい。
と書かれていたり、聞いたりすると、
とりあえず習わせて何とかしよう。

子どもの育ちに合わせた働きかけじゃなくて、
何かの基準に合わせて子育てをしていた時は、
親子ともに疲れてしまっていたな…

変わり始めていったのは、
発達支援コーチのアプローチに出会い、
土台の部分をしっかりさせていくアプローチをするようになってから。

周りのことだいたい同じくらいのペースで進んでいけると、何となく安心。
そういうのが、無意識のうちにあって、コツを教えてしまいそうになる自分がたまにいる。

コツを教えて出来るようになったことは、その場限りの学びで先が続かない。
やりたいようにやった学びの方は、遊びの幅が広がり貼ってしていく。

娘の育ちを見ていて、
先日のモロー反射のテーマでもある
やりたいようにやるというステップ
このステップって、本当に大切。
そんなことをつくづく思う。

やりたいことをやりたいようにさせるには、時間がかかるから、
時と場合によっては、見ていて口を出したくなることも出てくる。
それでも、子どもをより大きく育てようと思うなら、
コツを教え込んでの最短コースより、やりたいようにやらせる回り道がいい。

2年前は、やりたがらなかったピアニカ。
ピアノを習っているから、指は動かせるはずなのに…

教え込まなかったから、今では、
自分がやりたいときに引っ張り出してきて、
小さな世界やミッキーマウスマーチをひいて楽しんでいる。

今年の誕生日は、ピアノを買おうかな…笑

自分から楽しんでやることが増えていくことが、
自分の人生を楽しむことに繋がっていく。

楽しんでいる娘を見て、こちらも嬉しくなった昨日の出来事。

みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡


このページの先頭に戻る