ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2019年02月12日 [コーチング]
子どものことでいっぱいいっぱい
介護のことでいっぱいいっぱい
何か一つのことで、いっぱいいっぱいと感じていると、
なかなか他のことには目が向かない。

いっぱいいっぱいと感じている状況を脱出した時、
脱出はしていないんだけれど、このままでいいのかな?とふと感じた時、
頭をよぎることは、
自分がいっぱいいっぱいと感じた状況以外に、何もない!ということ。

自分は、この先どうしたいのか?
どうしたいかを自分で選んでいいはずなのに、なんだか空っぽの状態。

自分のやりたいことを達成してしまった後も同じような状況に陥りやすい。

クライアントさんや何かの交流会で出会う人は、どちらのタイプにも出会う。
私自身もいっぱいいっぱいでしんどい状況の脱出も経験したし、
仕事で一つの段階をやりつくしたと感じた後、
これからどうしていくかの答え探しをしながらやりたいことをいくつか達成してきた。
そんな時、信頼できる人に話を聴いてもらうこともしてきた。

どんな状況にいても、必ず転換期はやってくる。
転換していく時に、どっちの方向に進んでいきたいかを整理したい!
今、とにかくしんどくて、自分の気持ちを整理したい!
やりたいことを達成して、次の目標が見つからない!
そんな方こそ、一人で何とかしようとせずに、
自分と同じような状況を乗り越えた方に話を聴いてもらう時間を持つ。
心底思う。

転換期は自分が進みたい方向に進んでいけるチャンス。
対話することで、状況は変わっていく。

みなさん、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子

アメブロはこちら♡




このページの先頭に戻る