ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年02月06日 [挨拶]
自分のことって、分かっているようで分かってないこと結構ある。

先日、参加したワークショップ後のランチで
マヤ暦のことや子どもの育ちのことの話題で盛り上がった中で、

うちの子、靴の真ん中がなぜかすり減る…
そんな話を聴いて、その時は、へぇ〜そんな減り方することあるんだ。
と、他人事で終わったんだけれど、

自分の勉強のために受けた発達支援コーチの中級講座の中で、
歩くことに意識をしてみる。
そのワークをした時に、意外と自分もかかとより足の上の方に
力が入る歩き方をしていることに気付いた。

自分のことに気付いた瞬間に、発達って自分事になる。
自分の場合は、モロー反射の影響で、
無意識のうちにそこに力が入っているなって思った。

今の私は、前に進んでいきたい気持ちが強くあるから、
モローの反射が出ているけれど、これがあるから進んでいくこともできるから、
あえて統合する必要ないかも…

なぜ?って思うことに対して、
なるほど、そういうことか…が、自分の中で意味づけされたり、
腑に落ちたりするとスッキリする。

気付いて、そのままの自分でいいと思えれば、変えていく必要もないし、
在りたい自分に向かって進んでいく時に、その反射が邪魔になると思うなら、
統合遊びを取り入れると、反射の統合が進んだ先にワクワクする自分が想像できる。

遊びの前の反射チェックで、反射の反応が大きい人ほど、
統合遊びの恩恵が大きい!

原始反射って残存していると生きづらさに繋がることがあるけれど、
自分を成長させるきっかけに出会えることにもなるから未来が楽しみにもなる。
発達支援コーチ初級講座は、初めの一歩。

気付きの視点はいろいろある中で、
体を動かすことで自分に気付く そんなプロセスが一番性に合ってる。

どこか響く個所があれば幸いです。

まだまだ、寒いですねー
皆様、体調を崩されることのないようお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡


このページの先頭に戻る