ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2017年04月20日 [コーチング]

ひと段落着いた先にあるもの

自分を立て直すことにエネルギーを使っていたY様
少し自分の中にゆとりができたということで、セッションにお越しくださいました。
 
(Y様より)
自分を立て直していくためにエネルギーを使っていて、
何とか立て直ってきたから、次に目指すところを確認したくてセッションを受けました。

今の自分の心の中にあることをじっくり聴いてもらい、
コーチの体験を聴いている中で、
今まで、自分がコツコツと続けてきたことをブラシュアップする学びに投資していこう。
そんな決意が固まりました。

ありがとうございます。
 
目の前に訪れたピンチを乗り越えるため
突然の環境の変化が起こったため
自分のやりたいことに必要なピースをそろえるため
……

 
理由は一つとは限らず、複数ある場合もあると思うが、
目の前のことに必死になる時期って必ずある。
 
必死になって、ひと段落着いたと感じられた先に、ぽっかりと空間ができる。
 
虚無感を感じて落ち込んでしまったり、
この先はどうしていったらいいのか分からなくなる…
そんな方も多い。
私自身、発達遊びやコーチングに出合う前は、そんな状態になっていた。
 
空間ができた後に考えるのではなく、
ひと段落着きそうだと感じ始められたあたりから、
どう考えどう行動するかで変わっていく。
 
目の前のことに必死でもいつかは終わりがくるもの
ゴールが近づいてくるのを感じ始めた頃から先を見据えていく。
そんなふうにすれば、極端な落ち込みを感じることなく、次の段階に進んでいける。
 
いろいろな方が見える中で、
先を見据えた青写真を心の中にもってみえたY様
お話を聴かせていただきながら、私までワクワクしてきました!
これからの変化が楽しみです。
 
話を聴いてもらいながら、自分に気づき、ありたい姿に向かっていく。
私のコーチングにご興味のある方は、
ぜひ<こちら>を読んでくださいませ♡
 
日が昇るのが早くなり、日の入りが遅くなったな〜
そんなことを感じるこの頃。
今日も一日、素敵な日となるようお過ごしくださいませ。
 
 ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡
 

このページの先頭に戻る