ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年11月07日 [コーチング]
何か一つのことが形になると、
達成感もあるが、その後何だかぽっかりと穴が空いたようになる。
そんな時は、次に向けて変わっていく時なのかな…

そう思うときに、心を落ち着ける時間を取るようにしている。
いいタイミングで、魂を落ち着けるヨガをしている先生のワークがあって
それに参加してきました。

ヨガの本を買って、家で一人でポーズをとってみる
そんなこともできるが、
詳しい人のリードに従ってやると
ごちゃごちゃ考えずにすっと集中してできるのがいい。

自分の中で得意なポーズもあれば、苦手なポーズもある。
頑張ってやることが目的ではないところがいい。

普通に学校教育を受けてこれば、
頑張ってやることは素晴らしいとか、
頑張ることって当たり前…が刷り込まれているから、
その枠を外していくのにいいなと思う。

このヨガを5年前に受けていたら、
頑張りすぎるくらい頑張ってやっていただろうなと思うし、
勝手に下げる必要のない自己肯定感を下げていたと思う。

発達支援コーチのアプローチで、
人と比べず、過去の自分と比べる
そんなことに慣れている今だから、ヨガでできないポーズがあっても
出来ない自分に焦りを感じたりダメ出しをせず、
今は、出来ないんだなと淡々と受け止める。
自分をひたすら整えることに集中できる。

世の中、よりよくあるためのアプローチってゴロゴロしている。

何をやるにしても大切なのは、人と比べないこと。
本来の目的に集中して向かっていくこと。
ごちゃごちゃ考えてやるよりシンプルに考えて行動する。

発達支援コーチ初級講座や個人セッションで、
いろいろな背景を持っている方と出会う。
似たような困り感や課題を持っていても誰一人同じ人はいない。
自分の中で、試行錯誤してベストだなと思う感覚を
一つ一つ見つけていくプロセスを経て発達していく。

何か響くところがあれば幸いです。

みなさん、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡




このページの先頭に戻る