ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年07月01日 [原始反射]

原始反射統合(発達遊び)のセッションにお越しくださったMさん親子(11歳)



体を緩めるマッサージが必要なタイプ
遊びが長続きしないタイプ
やりたいことをやりたいようにやるタイプ
いろいろなタイプのお子さんがいる。

今回はやりたいことをやるタイプのお子さんと、
チャンバラ棒を使っての遊び。

体の動きを見ながら、
上手に動かせているな〜
って思っていたら、剣武をやっているとのこと。

いろいろな技の名前も教えてもらったが…
覚えているのは、技ではなく武士と忍者では刀の持ち方が違うこと。

好きな事から広がる遊びが一番身に付く。

チャンバラって、体の発達に必要な動きがすべて含まれている。
基本の方を知らないから、
初めのうちはどうしても自分が動かしやすいように動かしていたけれど、
相手の動きを見て真似ることで、私自身が一番発達したかも…笑

いろいろな事の習得は、真似るが一番初めのステップを再確認。
年下から学ぶなんてありえないという変なプライドがないから、
楽しく遊んでちゃっかり学ぶ。

チャンバラ遊び以外は、
お母さんからの聞き取りで気になっているところへのアプローチとして、
魚釣りやバランスボールの上での背中のマッサージ、
吹き戻し遊びとで60分ほど遊んだ。

原始反射が残存していると、
それが困り感に繋がることってある。
ただ、原始反射があることで、受けている恩恵もある。

遊びに夢中になれる。自分の好きな事に没頭しきれる。
って、モロー反射の恩恵だな…
こういう時間って、こどもだけじゃなくて大人にも必要だと思うし、
没頭できることがあるって、幸せな事だな…

そんなことを感じた今回の原始反射統合のセッション。

ちなみに今回のセッションの男の子は、時代劇だけじゃなく茶道も好きとのこと。
遠方からセッションにお越しくださり、ありがとうございました!

みなさま、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡



このページの先頭に戻る