ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年06月12日 [原始反射]
発達支援コーチ初級講座(岐阜)1日目の様子。
2日間の講座を通して学ぶことは「人生の土台を育てる」こと

テキストを通して学ぶということもしますが、
発達支援コーチでは、実際にやってみて確かめてみる。
そんなことを大切にしています。



外から入る刺激、すべてに対して快と感じる人っていないと思う。
不快ということを知っているから、快ということも分かる。
いろいろな刺激を感じてみて、今自分に必要な刺激を入れていく。

統合のワークをしている中で、
・さすってくれる方が落ち着く。だんだん緩んでいく〜
・右足は強く圧迫してほしいけれど、左足はなぜる程度でいい。
・もっと強めに押してほしい。
・手でやるのとお手玉で刺激を入れるのって違うね。
・終わった後は、視界がクリアになっている。物がよりはっきり見える。
・電気の明かりが明るく感じる。
自分の今の状態、自分に必要なこと、自分に起こった変化など
どんどん気付いていく。

自分の体を通して学ぶこと・感じること
人の感じ方を聞いて知ること
そんな時間を持つことで、今まで見えていなかった
自分の可能性や関わる子どもたちの可能性に気付くきっかけになる。



人生何が起こるか分からないと言われるが、
強い不安に襲われたときって、普段と比べてみれば身を固めやすくなるはず。

不安を感じる、恐怖を感じる場面って一人一人違う。

仲のいいことのおしゃべりはできても、注目を浴びる場での話は緊張する。
何かの検定試験に挑戦する。
大きな声に極端にびっくりして、身を縮めてしまう。

普段は問題なくこなせていても、
失敗するかもという不安を感じた瞬間に恐怖麻痺のスイッチが入る。
変な所に力が入り、そんな風に体が固まった状態では、
自分の体なのに自分の思うように動かすのが大変になる。

統合マッサージで体を緩める、呼吸法で体を緩める
体の力を抜くということが身に付けば、
そんな場面で、ベストを尽くせる自分に変わっていく。



今回 岐阜の田舎での開催にもかかわらず、
東京からお越しくださった方、滋賀からお越しくださった方、
同じ岐阜でも高山からお越しくださった方もいらして感謝です。

このメンバーだからこその気付きを得られたことに感謝!
一緒に学び合った皆様、ありがとうございました。

1週間後に2日目の内容を学びます。
次回の学びも楽しみです。^^

子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡



このページの先頭に戻る