ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年06月06日 [コーチング]
あるものに目を向ける

現状に満足できていなかったり、
他人と比べてしまうと、
ついついないものに目がいってしまいがち。

両親が健在だったら、助けてもらえたのに
手助けしてもらえる人はいいな。
両親がいたら、フルタイムで働けていたかも。

そんなことを思っていた時は、
助けてもらっている人、フルタイムで働いている人がうらやましく思えた。

親に手伝ってもらえていた人に話を聴いてみると、
親といえども気を使わないと…
育て方についていろいろと口出しされて…

そんな話を聴くと、人それぞれ何らかあるもんだな。
手伝ってもらえはしなかったけど、
自分の好きなように子育てできてよかったのかもと思ったりする。

今の時代、フルタイムで働けなくても
自分の中にある得意なことや好きなことを組み合わせれば、
仕事を提供できたりする。
自分が満足できる収入があれば、時間の自由がきいてよかったりもする。

私には、〜がないから、…できない。
そんなことばかり思っていたら、
何もない人生、つまらない人生になってしまう。

置かれている状況で、自分にあるものに目を向けてみる。
そこから、変わり始めていく。

長いことないことばかりに目を向けていると、
恐ろしいほどあることに気付けなかったりするが、
あることに目を向ければ、出てくる。

小さい頃得意だったこと
今までやってきた経験を思い出すこと
健康であること
フルタイムで働いていない分、自分で好きに時間をデザインするということ

あることに意識を向ければ、あることに気付く。
あることを活かして、出来ることは何か?
考えれば、行動に移せることも出てくる。

自分見つけのワークシートに取り組むこと
学びのためのセミナーに出かける
自分の一歩先を行っている人に会いに行く

できることから行動に移していって今がある。

ないことで頭がいっぱいになっている人
人がうらやましく思えて仕方がない人へ

少しでも参考になる個所があれば幸いです。

今日は雨ふり。
庭にお水をまかなくてもいい点は楽だけど、やっぱり晴れがいいと思う。笑
みなさま、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡

子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡




このページの先頭に戻る