ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年06月01日 [コーチング]
人生楽ありゃ苦もあるさ〜♪
小さい頃、時代劇が好きなおばあちゃんと一緒に見ていた水戸黄門の歌の
一節にあるように、
人生には、対極にあるものが存在しているから彩りがある。

そうは思うが、
娘には、世の中楽しいこといっぱい!
と思いながら人生を送ってほしいなと思ってしまう。

そんな思いがあり、
馬に乗せたり、キャンプにでかけたり、
先日は、大好きな高速道路に乗ってお泊りに出かける。
など、楽しいことが1ヶ月に1回あるようにしている。

楽しみにしていることがあると、
不思議と行動が早くなる娘。

先日「お昼ご飯を食べてから、お泊り先に出かけるよ。」
といったにもかかわらず、
朝ご飯を食べた後、喜び勇んで玄関にスタンバイする娘を見て、
早すぎっ!と突っ込みを入れつつも
心から楽しい、楽しみにしてると思えることがあるって、幸せだな…
そんなことを感じた。

特別な楽しみって、そうそう毎日あるわけじゃないから、
日々の中でも楽しみを一緒に見つけながら日々を過ごしている。

いろいろなことに対して、苦手感が多い娘にとっては、
大変なことが多いだろうな…と思うことがある。

やりたくなくてもやらなきゃいけないことはちゃんとやらせて、
それでも1日の中で、
娘がやりたいと思うことを一緒にやる。

やりたいことが出来て楽しかった。
そんな時間を持つだけで、いろいろなことがあっても
今日も楽しかったね!で終われる。

日々が楽しいと感じるか、嫌だなと感じるかは、
記憶の積み重ね。

これは、脳の仕組みがそういうふうになっているからです!

楽しく過ごした日々を記憶できるよう日々を過ごす。
それは、特別に楽しい体験をすることだけじゃなくてもよかったりする。

大切なのは、自分がどう感じるかということ

娘の場合は、
・公園で遊ぶこと
・絵を描く時間があること
・ペットショップで犬を見ること
そんな時間があると楽しいみたい。

ある人に聴くと、
・家族で笑いながら食卓を囲むこと
・お気に入りのものを使うこと
・リラックスできる音楽を聴くこと
そうすることで、日々の楽しさを感じる。

私にとっては、
・笑って過ごすこと
・体を使って遊ぶこと
・娘と一緒にご飯の準備をすること
昨日は、娘と一緒にカレーを作る時間があり幸せだった。

そんなこと言ったって、毎日笑ってなんかいられない!
そんな現実もあったりする。
そんな日でも、表情だけはにっこりしてみる。
にっこりするだけでも脳は楽しく感じるようになっている。

脳って、意外とだましやすい。

せっかくだから、あの手この手で
日々が楽しいと記憶しながら過ごしてみよう。

今日は青空が広がっていて幸せ。
みなさま、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡

子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡



このページの先頭に戻る