ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年05月29日 [コーチング]
日々忙しくして、余裕がない状態だと、
とりあえず目の前のことを片付けていくことはできる。
自分の人生を豊かにしていくために、ゆっくり考えること、
重要だけど緊急度の低いことを忘れてしまう。

振り返ってみれば、子どもが生まれてから、
ずっと子ども中心の生活を送っていた6年くらい前までは、
そんな状態だったなー

必要最低限の家事をこなし、
子どもと遊ぶ、1日6時間くらいの発達を促すトレーニングをする。
そんな生活で、自分のための時間を一切取ってなかった。

自分の時間を取る。これって、超重要。

発達支援コーチの講座や個人セッションで、
モロー反射の方がスイッチ入りやすいタイプの人から良く出てくる言葉は、
一つのことに夢中になると、次から次へとやりたいことが出てきて、
時間が無くなる。家事がおろそかになるといったこと。

自分のことより、子どものことでいっぱいになりがちな人は、
子どものためと思ってぎりぎりまで頑張る。
苦手な家事がおろそかになる。
そんな状態になっていく。

何かに一生懸命になることは悪いことではないと思う。
ただ、バランスが崩れはじめると、どこかにしわ寄せが集まる。

何かに没頭しすぎてしまい、しわ寄せのサインが出てきたら、
振り返ってみて、手放していいものと継続するものを見極める。

自分の時間を削ったことでしわ寄せが集まったから、
自分の時間を取るということをスケジュールの中に組み込む。

そんなふうにバランスをとることを意識していくことで、
変わってくることが出てくる。

バランスが崩れ始めてると感じたらバランスを取り戻すことをしている。

学びのための時間を取ること
小説を読むこと
妹や友達と美味しいランチを食べに行くこと
一人で過ごす時間を取ること
自然の中で過ごすこと


その時の自分の心を聴いて、自分時間を満喫する。
そんな時間があるから、ひどくバランスを崩さず日々を過ごせている。

なんだか働きすぎている。
自分の声を無視している。
そんな状態が続いているなら、自分のバランスを取り戻すリストをつくって、
すぐにできそうなことから実践してみるのもいいかも。

少しでも拾える個所があれば幸いです。

みなさま、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡





このページの先頭に戻る