ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年05月21日 [原始反射]
発達遊びにお越しくださったAちゃん(3)親子

同年齢の子と比べて、
言葉がはっきりしない、体の動きがぎこちない。
そういったことが気にになるとのことでのご相談。

小さいお子様の場合は、
お母様に普段の様子だったり、
気になっていることをセッションの最初にお聴きする。

その間にお子様の様子もチェック。
お母様にくっついて離れないか、何か好きなものを見つけて遊び始めるか?
体の動きはどうか?
そういったことにも反射が大きくかかわってくる。

気になる遊び道具を見つけて遊びだすお子様であれば、
その遊びを一緒に楽しみながらやる。

ボールやお手玉、風船、スポンジ棒、吹き戻しなど、
いろいろなものを使って楽しく遊んだ。

一番気に入ったのは吹き戻し。
初めは1本で遊んでいたけど、
お姉ちゃんが3本で遊んでいるのを見て、1本から2本に挑戦して見事成功!

遊ぶ中で見られた反射(手や足、口の反射)、固有受容感覚について
遊びによって育つところについて
遊びの様子で、お子様の強みだと感じたことについて
家で遊ぶ時のポイントもお伝えしながらのセッション。

いろいろな親子さんと関わらせていただいて感じることは、
子どもに関わる大人の状態が、子どもの成長に大きく関わっていくということ。

子どものよさを素直に受け止められ、楽しく遊べる状態なら子どもは素直に発達していく。

子どものよさは分からなくはなくても、でも…なんですよね。
と気になるところに逆戻りをしてしまう状態だと、親子で苦しくなる。

今回いいエネルギーの循環を感じたセッション。
人はお互いに影響を与えあい、形成されていくとストンと腑に落ち、
私自身も遊んでいて整っていくのを感じました。

一緒に遊んでくれたAちゃん親子に感謝!



ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡

子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子

アメブロはこちら♡



このページの先頭に戻る