ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年05月16日 [コーチング]
朝4時30頃には明るくなり、夕方18時頃までは明るく、
一日が長く感じられ何だか得した気分を感じるこの頃。

学校が終わってからの過ごし方って、
それぞれのご家庭でルールなり、リズムがあると思う。

宿題を先にさせるものでしょ。
やらなきゃいけないことを先にしてから、ご褒美でしょ。

そういった価値観を持っている人からすると、
子どもにそんなこと決めさせずに、
習慣づけなくちゃいけないでしょとなると思うが、

我が家は娘に「どうしたい?」からスタート。
ピアノの習い事がない時は「公園!キリンさんに乗る〜」
の返事が返ってきて、子どもがやりたいことを優先させる。

体が十分育っていない子に、頭だけ鍛えようとしても上手くいかない。
小さいうちこそ、しっかり体を動かして体をつくることが大切だし、
子どもの要求を満たしてからの方が事が上手く運ぶことが分かっているから。

宿題をサクサクと片付けられる子や聞き分けのいい子にしてみれば、
どっちのやり方でも上手くいくんだろうと思う。

とにかく宿題をなかなかやらないんです。
嫌々やって、気づいたら遊ぶ時間がほぼほぼ無くなるから、
不満気味で、気持ちよく遊べてる感じじゃない。
そういった相談を受けることがある。

そういった時は、
どうしても宿題を先にさせることが大切なのか?
お子様が気持ちよく過ごせることが大切なのか?
お母様自身に向き合っていただきます。

向き合っていただき、気持ちよく過ごせることが大切と思われる方には、
遊びを先にすることを試しにやってもらう。

どっちの方が、子どももお母さんもストレスを感じないか?
遊びを先にした方が、お互いストレスを感じなかった…
となれば、そうした方が上手くいく。

子育てって、どれが正解不正解という訳じゃないから、
いろいろ試して、これがいいねを残していけばよしと思う。

少しでも参考になる箇所があれば幸いです。

皆様、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡





このページの先頭に戻る