ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年05月13日 [原始反射]

発達支援コーチのアプローチを取り入れて3カ月くらいの年長の男の子(5)
お母様からその後の様子を教えていただきました。

発達支援コーチ初級講座で学んだあとすぐに、子どもに
モロー反射のチェックをしてみました。
その時は、足を開いた瞬間にすぐモロー反射が出ていました。
子どもが喜ぶ統合遊びを続けて、
こないだ、久しぶりにチェックをしたら、モローの反射がすぐには出ず、
歩くときに片側に反射が出たくらいで、統合が進んでいると思いました。
少しずつではありますが、必要なアプローチをすると変化していくことを実感しています。
これからも続けていきます。

モロー反射が統合されていないと、いろいろな困り感に繋がるが、
その中のひとつで、立ち止まれなくて、動きすぎてしまうことがある。
そして、ある時バタンと倒れて寝込んでしまう。そんなことを繰り返す。

いったん統合されていても
疲れていたり、何らかのストレスがかかったりすると活性化しやすい。

私の場合は、
白黒がはっきりする勝負事の時は、スイッチが入りやすい。
仕事量が、自分のキャパを超えている時もスイッチが入る。
統合遊びを知る前の自分は無理やりやり切って、次の日に消耗しきっていた。

自分の傾向を知っていれば、活性化した状態で頑張り続けるのではなく、

統合遊びを取り入れて、自分の中に余裕を持たせる。
無意識の動きが変われば、思考、行動が変わる。

そんなアクションをすると、ことを達成させた後の消耗度が減る。
ベストを尽くせる自分に変わっていく。

本日は久しぶりの雨模様。
雨の日も心は晴れやかな一日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡





このページの先頭に戻る