ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年05月31日 [コーチング]

人のまねをして、いろいろとチャレンジしていく様子が見られない娘を見て、
2歳のころは、子どものことを一生世話し続けなくちゃと思っていた。

ここのところは、相変わらずのところもあるけれど、
娘に助けられていることもある。

私自身がどっちの方向へ進もうか迷っている時に、
娘の口からアンパンマンの歌が…

何が君の幸せ 何をして喜ぶ
分からないまま終わる そんなのは嫌だ


娘の歌声に耳を傾けながら、
頭の中で、凝り固まっていたものが動き出した。

自分のしゃべりたいことだけを繰り返しをしゃべり、
会話が成立しにくいんだけれど、
娘は娘なりに感じ取って、私に必要なことを伝えてくれることがある。

ただ、伝えてくれていてるはずなのに気づけなかったり、
気付いていても気付かなかったふりをしたり、
耳からの情報をシャットアウトしていたなって思う。

今の状況を何とかしたいと思っているのに、凝り固まってしまっている人は、
外からの情報をシャットアウトしているのかもしれない。
私の場合は、耳からの情報をシャットアウトしやすい。
人によっては、目から入る情報をシャットアウトしやすい人もいると思う。

耳に入れたくないこと
目にしたくないこと
そんなものを見つめ直すことが、自分の進みたい道を選ぶときには必要かも!

いろいろと情報が入りすぎてきて、選びきれなくなることってこの先もある。
そんな時は、何が君の幸せ何をして喜ぶを思い出してみようと思う。

本日のブログは、自分の覚書のようなものですが、
参考になる箇所や引っかかった個所がありましたら幸いです。

みなさま、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡



このページの先頭に戻る