ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年04月21日 [IM]

IMトレーニングに
挑戦する男の子(12)の初セッション。

良く発達を促すとれーにぐは、早い方がいいと言われるが、
ある程度大きくなってくると、トレーニングの意味を理解して取り組む。
そういったことが出来るのがメリット。

初回のアセスメントは、
手でリズムを取る
足でリズムを取る
手と足でリズムを取る
いろいろな動作を合わせて14種類する。

やってみてのご感想
自分で動かしやすい動きと動きにくい動きがあるのが分かった。
右手で叩いて左足でマットを踏むことや
その逆の動きは難しかった。
トレーニング自体は、楽しいから続けそう。

小さいお子様の場合は、
ある程度、親のペースで進めることもできる。

大きくなってくると、
親のペースで進めようとするのではなく、
子どもが楽しくできる範囲はどこかを見極める。
そんなことも必要。

脳を育てるのに、トレーニングや遊び、スポーツがいいと言われている。
どんなに良いと言われるものでも
嫌々やることほど身に付かないものはない。

脳って 楽しいと思うことが栄養源で育っていく。

学校での学びは、
木で例えると、枝葉の部分。
トレーニングや遊びは、木の根っこや幹の部分にあたる。
楽しく木の根っこや幹を育てることが、学校での学びに繋がる。

今回のお子様は、曜日によって、トレーニングの時間を
少し減らしたり多くしたりして取り組んでいく。

親子とともに変化を楽しみにしながらのトレーニング。
私自身も前を向いてチャレンジする親子が変化していくのは嬉しい。

S君の1か月後、2か月後の変化が楽しみ!

皆様、素敵な一日となるようお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  愛の1ポチをお願いいたします♡ 

子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡


このページの先頭に戻る