ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年01月08日 [IM]

IMトレーニングを継続しているJ君(9)

初めの頃は、両手のタイミングを表す数字が200近くあったのが、
30くらいになった頃に、足のトレーニングも追加して
一つ一つのトレーニングの数値が良くなってきている。

両手のトレーニング、初めは なかなかタイミングが合わなかったのが、
2週間過ぎたころから、タイミングが50くらいになってきました。

何事も時間のかかるタイプの子だから、コツコツと続けることの大切さは分かってはいても
タイミングが上がってくるまではいくらか不安でした。

一つコツが掴めたり、継続をすることで結果に繋がる
そんなことが分かってくると、苦手な足のトレーニングも頑張れています。
トレーニング以外の教えていただいた遊びも取り入れてやっていて、
足の力がついてきたように思います。

これからの変化も楽しみにトレーニングを続けます。

トレーニングによって、タイミングの数値が上がることがすべてではない。
プラスアルファとして、当たり前だけど、何か上達させたいことを取り組むこと
ちょっとの変化に気付くことが大切。

タイミングが上がってくることで、
以前は、スムーズにできなかったことがスムーズにできるようになったり、
点と点の状態だったのが、一連の動きとして繋がったりの変化が出てきたりする。

今までに、タイミングが上がってきたけれど、何も変化を感じられない…
と言われた方も少数ですが、いました。
よくよく聴いていみると、プラスアルファの取り組みが抜けていたり、
ちょっとの変化を見逃していたりしていただけで、成長されていました。

いつも一緒にいると、大きな変化に気付けても小さな変化って気付きにくい。
小さな変化の積み重ねが、大きな変化に繋がる。

一気に改善したり、結果が出たりすると嬉しいが、
小さい変化を見逃さず認めていくことで、しっかりとした力をつけていく。

親だと、上下で厳しい目線になりがちだが、
親以外の大人との関係だったり、トレーニングで客観的な伸びを確認できたりすると、
地道な努力も続けられるし、成長も加速していく。

この間、新しい年を迎えたばかりと思っているけど、8日にもなると正月気分もさすがに抜けている。笑
みなさま、素敵な1日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡


このページの先頭に戻る