ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2017年10月11日 [原始反射]
発達にアンバランスがある
お子様に対する取り組みは、
日常の中で楽しく取り組めると、
長く続いて、効果があるなと感じています。
 
発達遊びにお越しくださり、
子どもがイキイキ遊んでいる様子を見て
いいなと思ってくださるお母さんがほとんどです。

しばらくして
その後のお話を聴いてみると、
楽しく続いている方と
しばらくは楽しくやっていたが、
ねばならないに切り替わってしまっている方がいます。

本人は、一生懸命すぎて
ねばならないに切り替わってしまいることに気付いてない
お母さんもいます。

ねばならないに切り替わると、親のやらせようの意識を感じ取り、
子どもはやりたくなくなってしまう。

親子で楽しく遊ぶ中で、
子どもの力を伸ばしていってほしいな
と心から思います。

子どもに一生懸命関わって遊びを続けていく中で、
ふと何か楽しくないなと感じたときは、
どうしてそう感じるのかをみつめてみることが大切ですよ。

子育ては、短期勝負じゃなくて長期戦!
そして、子どもだけを育てるんじゃなくて、親自身も育つ必要がある。

発達支援コーチ初級講座では、
自分自身の根っこにあたる土台を作るがテーマとなっている。
 
発達にアンバランスのある子どもや大人だけじゃなくて、
誰でも大なり小なり、発達のやり残しをしていることがある。
そこに気付いて、自分を育てながら進んでいくと、周りもいい方向へと進んでいく。

何か楽しくないな
このままでいいのかな
など感じたら、自分を振り返り、育てるタイミング。
 
週の半ば、この日を乗り切ると1週間が上手く回ると感じる。
みなさま、素敵な1日をお過ごしくださいませ。
 
 ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡

子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡


このページの先頭に戻る