ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2017年04月12日 [コーチング]

勤めていたころは、花粉が飛んでいる時期になると、
「今日は、花粉が多いね〜」
と、話しかけられることがよくあった。

目に見えないし、自分自身に症状が出てこないから、
「何で、多いって分かるの?」
「今日は、鼻水が止まらない…」

そんな会話をしていたことを思い出す。

日常生活の困り感って、
何事もその身にならないと分からないもの。

自分自身が感じている感覚は、あくまで自分だけのものであって、
同じことを体験しても、感じることって人それぞれ。

感覚を通して入ってくることをどう認識しているか?
自分自身の身体がちゃんと認識できているかどうか?
それで、外に出てくる反応は様々。

姿勢よく座っていられなかったり、
どうしても動き回ってしまったり、
緊張のあまりうまく話せなくなったり、
動きがやたらぎこちなかったり、
一斉の指示が通らなかったり、


これって、原始反射の影響を受けている場合が…

子どもに限らず、大人でもストレスがかかると、
普段スラスラとできることもできなくなることがある。

私の場合、気の置けない仲間と話すときは、
面白いことの一つ二つや毒が入ることもあるが…
改まった場になると、途端に固まり、話がぎこちなくなりやすい。笑

どんな時に、どんな原始反射がどんな影響を与えるのか?
それを知って、どうやってアプローチをすれば、
自分の持っている力を十分に発揮できる状態に整えることができるのか?

(N様より・30代)
遊びのリストの中から気になってやってみた両手ダンス。
実際に身体を動かしてみて、
頭の中で、自分が苦手な場面の時に経験する感覚と一緒だと気付いた。
この動きをたくさんすることで、
頭の中が繋がっていく感じになっていくことを体感できて良かった。


自分自身が気付いて、よりよくあるためにできる!
発達遊びのセッションや講座にてお伝えしています。

ご興味のある方や尋ねたいことがある方は、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

新年度が始まり、新しい環境に慣れるまでは時間がかかりますね。
今日という日が充実した日となりますように。

 ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡

このページの先頭に戻る