ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2017年04月04日 [IM]
今までに何回も発達遊びに来てくれていた男の子(小2)
今回はお母様の希望で、IMトレーニングの体験に来てくださいました。

「遊ぼ〜」と元気良く入ってきてくれたので、
お母様に、遊びが先になっていいかどうか確認してから遊ぶ。


遊びたい!そんな気持ちが人一倍強いな。
随分と身体の動きが良くなっているな〜

体を動かした後、今回の目的のIMトレーニングに挑戦。
やることは、音に合わせて叩くこと。


タイミングが合えば、お猿がバナナを取ってくれるゲーム画面で、
一回タイミングがずれ出すと、同じタイミングで叩いているはずなのに…
と自分の感情のコントロールが難しくなっていたが、
タイミングが合って、バナナをとれる体験もしっかりできた。

(本人とお母様の感じたこと)
やることは簡単で、分かる。
自分では、同じタイミングで叩いているはずなのに…
ずれ出すと、どうしても悔しくなってくる。(H君)

そんなに不器用なわけでもなく、出来ることはいっぱいあるんだから、
ここまで感情的にならず、
この部分が変わっていくといいなって思っています。(お母様)


今回の体験で、
本当はうまくやりたいけど、うまくいかなくて悔しい気持ちが勝ってしまうと、
どうやって折り合いをつけていくのかは、教えるのではなく学び取ってもらうこと。
いろいろな体験を積ませる中で、失敗も当然あるんだけれど、
成功体験をたくさん積ませていくこと。
正解やコツを教えるんじゃなくて、子どもが学び取っていけるように、
サポートしていくそんなことが自分にできること。
そんなことを強く感じた。

親だとどうしてもやらせたいの気持ちが勝ってしまうことってある。
正解やコツを教えたくなっちゃう。
それが伝わると、子どもはとたんにやりたくなくなる。

要領をつかむのが早い子もいれば、繰り返しが必要な子もいる。
本人の悔しい!という思いは、伸びしろ。

子どものしたい!を優先させて満たしながら、
やらせようという意識じゃなくて、楽しい。
で、繰り返し取り組ませていく。

上手にできてることを認めながら、少しずつ負荷をかけていく。
そうしていくと、いろいろなところで変化が出てくる。
そんなことをお伝えさせていただきました。

H君親子と楽しく貴重な時間を過ごせたことに感謝!!

今日もいい天気で、気分がいい。
今日という日が良き日となるようお過ごしくださいませ。

 ランキングに参加しています。
  愛の1ポチをお願いいたします♡ 


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子



アメブロはこちら♡

このページの先頭に戻る