ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2019年03月14日 [原始反射]

気になっていることが伸びしろ

自分が気にかかっていることって、
伸びしろだったり、自分の課題だったりする。

気にかかっていることに、パッと手を出して
そのことが出来てしまうならいいが、
中には、なんだかんだ言って先送りしちゃうこともあるのでは…

私自身は気になっていたお店に出かけてお茶を飲むことみたいに簡単な事は、
空いた時間があればすぐに実行する。

気になっている講座に参加する
と言った事は、空いた時間があればすぐ実行という訳にはいかず、
〜がない。という言い訳で先送りすることがある。

気にかかっていることを先送りすることは悪くない。
ただ、気になっていることを先延ばしにする理由が、
子供が優先、家族が優先で自分のことが後回し。
ってなっているなら、いつか自分自身が消耗しきってしまうときがやってくる。

気になっていたお店に出かけてお茶を飲む。
今は、そうできているが、子育てがすべてと思っていた時はそれもできなかった。
自分が気になっていることをやらないまま過ごすと、
自分の気になっていた事ややりたい事を忘れてしまう。

相談者の方の中にも同じ様な方は結構いて、
そんな時は、昔のことを思い出してもらったりしている。

小さい頃好きでよくやっていた事
学生や独身の頃にやっていた事
いったん手を出したが諦めてしまった事

その中に、自分を再発達させるカギがある。
私自身は、遊びがキーワード。

日が暮れるまで毎日外で遊びまくっていた事
その時が一番生き生きしてた
そんなことを思い出し、今に繋がっている。

1年前に、発達支援コーチ初級講座を受けてくださった方から、
コーチに出会った頃は、自分の進む方向性に迷っていました。
恐怖麻痺の反射の統合ワークを続けていく中で、
やっぱり自分の中の譲れないものは理学療法士として、
クライアントさんと関わっていくことがはっきりしました。
講座受講から1年近くたちますが、関わっているクライアントさんに向き合い
日々の仕事に励んでいます。

そのような変化があったことを教えていただきました。
講座を受講するという決断をされたことがスタートで、今の状況がある。

気になっていることに取り組むことで、変わり始めていくスタートに立ち、
行動を続けていくことで、今までと違う自分に出会えるようになっていく。

皆さん、よき一日をお過ごしください。



子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子

アメブロはこちら♡




このページの先頭に戻る