ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2019年03月04日 [挨拶]

一斉の学びって結構ハード

昨日は1日学びのために
名古屋国際会議場へといった。

行くまでに、地下鉄の乗り換えで
階段の上り下りが結構あったし、
会場内でも階段の上り下りが結構あり、
久しぶりに階段の上り下りをたくさんした。

雨が降りそうで、どちらかと言えば寒い一日だったが、
結果、たどり着くまでに軽く汗をかく…

そんな朝のスタートから
丸っと1日、講義形式の学びをしてきた。

90分の授業で、間に1回休憩が入るから、
小・中学校と同じ感じ感覚で、4時間授業を受けた感じになる。
興味のある分野の講義ではあったが、1日終わったら結構疲れが…
あらためて、学校での一斉授業ってハードだなと思った。

自分自身も1日7時間を2日間の講座を開催をしている。
椅子に座って先生の方を見て話を聴くスタイルではない。
自分の好きな姿勢で話を聴く。
寝そべって話を聴く人もいるし、バランスボールにもたれて話を聴く人もいる。

学校時代の「いい姿勢でちゃんと話を聴きなさい。」が身に付いている人ほど、
自由でいいのかな…と思われる方もいる。

それでも2日間共に学ぶと話に集中するからこそそういう姿勢になるということや、
学ぶスタイルやペースは人によって随分違うことなども理解できるようになる。
そして、2日間かけて土台を整えることをするから、
する前の自分と比べたらずいぶんと整った状態になっていく。

自分が整うことと、どうして姿勢が崩れたり落ち着きがなかったりの原因の一端が見えたら、
今まで気になっていたわが子への言葉がけが変わっていくし、
こどもの反応も変わってくる。いつものパターンが変わるということが起こっていく。

今回の講義を聴いて新たなフレームを手に入れたし、
改めて、自分の中に起こる無意識の反射を意識することもできた。
このことは、次開催する講座で活かしていこう。

そんなことを思った1週間のスタート。

みなさん、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡

このページの先頭に戻る