ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2019年02月05日 [コーチング]

~だったらできそうと思ってみる

ママだから、〜できない
子どもに手がかかり余裕がないから、〜できない
自分にはたいした取り柄がない

そんな思い込みって、少なからずあるのでは…
昨日はボランティアで主催する勉強会の
ファシリテーターをお願いする方と打ち合わせをしてきました。

今までやってきたこととこれからやろうとすることを話したときに、
ファシリテーターの方から、
「すごいね。やろうと思えばできるんだろうけれど、やらない人の方が多い。
 これだけのことをやっていこうとするのって、結構エネルギーがあるね…」
そんなようなことを言葉をいただきました。

今から一度も経験のないスポーツでオリンピックを目指す…
みたいなめちゃくちゃな目標を達成するのは無理だと思うけど、
そんなめちゃくちゃな目標じゃない限り、
たいていのことはやろうと思えばできる。

本当は〜したいけれど、それは自分には無理。
〜したいけれど、今はそれができない
そんな思い込みのブレーキが強い人ほど

自分がもっているエネルギーを
内側へとため込んでしまい、自分らしさをなくしてしまう。

相談される方には、それぞれの思い込みがある。
もちろん、私にもある。
どうやら端から見たら、いろいろなことを楽々やっているように見えることもあるらしい。
それなりに紆余曲折はあるし、できない…の思い込みブレーキもかかる時もある。

それでも
「〜できない」の思い込みを手放して、
「〜だったら、〜できそう」
に書き換え、

自分がやりたいと思っていたことを
ひとつひとつ実行していっている。
そして、以前とは違ういいエネルギーが流れているのを感じます。

「〜できない」の思い込みを手放し、
「〜だったら、〜できそう」に書き換えてみよう。
そうすると、思考が変わり行動も変わってくる。

やりたいことがあるのに、思うように動けてないな…
そんなことを感じているなら、

「〜だったら、〜できそう」を考えてみよう。

みなさん、素敵な今日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子

アメブロはこちら♡




このページの先頭に戻る