ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年04月10日 [コーチング]

良いスタートを切って、続けていくには

地域によって、微妙に入学式や始業式の日にちが違うけれど、
遅いところでも昨日からスタートしているのでは?

4月って、仕切り直しが出来て、期待が膨らむ時期。
そんな時に良いスタートを切るには、
特別なことじゃない、基本の一つ一つのことがしっかりできているということ。

必要なものをそろえておく。
休みの間に崩れているリズムを何日か前から整えておく。
しっかりご飯を食べる。
ぐっすり眠る。
新しいものを1つでもいいから使い始める。
クレパスやクーピーは、補充で済ませるけど、筆箱は新品に…というように、
何か一つでも新しくすると気分が上がる。

特別な事だと張り切れたり、分かっていたとしても
案外日常的な事だと、おろそかになっていることもある…笑

一つ一つをおろそかにしないことが、
全てのことがタイミングよくできるようになっていく土台になっていく。

学校のことで書いたけれど、
夢を描いて、事を成し遂げようとするときにも当てはまる。

何かを成し遂げるために、必要なツールを身に付けたり、実践をすることは必要。

張り切りすぎる人やスタートダッシュがすごい人ほど、
生活リズムが崩れたり、食べることがおろそかになったりしてくる。

張り切れるエネルギーがあることはいい。
でも、勢いだけでは永遠に続かない。
打ち上げ花火のようになってしまう…

私は過去にスタートを張り切りすぎて、
3日後くらいにへたばることが結構あったかも…笑

それで学習したことは、やっぱり
一つ一つのことをおろそかにぜず土台がしっかりしている人が、
結局、タイミングに恵まれ、事を成し続けていける…

今は少しは進歩してるかなと思いつつ、自分への自戒のために書きました。
少しでも拾える個所があれば幸いです。

今日がスタートの人も、スタートをすでに切っていて張り切っている人も
今日が素敵な一日となりますように。

ランキングに参加しています。
  愛の1ポチをお願いいたします♡ 


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子

アメブロはこちら♡

このページの先頭に戻る