ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年04月06日 [原始反射]

何事も自分にとって ちょうどいい加減を見つける

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
  愛の1ポチをお願いいたします♡ 



ぐっすり寝れたな〜って思う時
もう少し寝たいな〜って思う時
寝すぎで、なんだか体が痛いと思う時

睡眠って、
1日〇時間きっちり寝れば、OKと言うものでもなく、
その日その日で、どれだけ寝ればちょうどいいかは微妙に違う。

ちなみに今朝は少し寝すぎで、体が痛い…笑

発達遊びのセッション
で、
「どれくらい遊べばいいですか?」
という質問がよくあるが、それも睡眠と同じで、
〇時間すればOKという基準はない。

理想だけを言えば、
なんだか満足できたなー
そんな感覚になれるまで遊べればOK。

そして、
楽しかった、また次も遊びたいな…
そういう気持ちで終われるのがいい。

そんな日が多ければ多い方がいいに越したことはない。

一生懸命な人ほど、一生懸命になりすぎて、
楽しく遊ぶということを忘れてしまう。
楽しかった〜を忘れてしまうと、せっかく遊んでも脳は喜んでくれない。

答えって一人一人違うし、一人一人の中にある。
親子で話し合って、ちょうどいいを加減を見つけていくのがいい。

先日、発達支援コーチ初級講座を受講してくださった方が、
遊びが楽しい!そんな感覚を久しぶりに思い出した。
と教えてくださいました。

小さい頃に思い切り遊んでいた人も、
大人になると、そういった感覚を忘れてしまっている。
私も忘れていました。

頭では分かっても、実際どう関わればいいのかが分からない。
毎回同じ遊びでマンネリ化している。
子どもと楽しく遊べるヒントを見つけたい。

そんな方ほど、まず自分が満足いくまで遊んでみるのがいい。
気になる方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

みなさま、今日というよき日をお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  愛の1ポチをお願いいたします♡ 


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡

このページの先頭に戻る