ビジネスブログ

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング
2018年01月10日 [原始反射]

知っているのと知らないのでは違う

働き盛りの年代の人

原始反射でいうと、恐怖麻痺反射が強く出る人にとって、
寝ているけれど、ぐっすり寝た感が少ない。
そう感じる人って結構いるのでは…

私自身は子どもの頃、布団に入ったら、
即寝れるという幸せな子供だったけど、

子どもが生まれて育児がスタートしたと同時に、
ぐっすりと寝る…
そんな世界から遠ざかり、
寝ている割には、疲れが取れないな…

そんな状態が長く続いていた。

今年に入って、恐怖麻痺の反射の統合にもつながる遊びで、
今まで自分が知らなかった遊びをいくつか知って、
その中で、今の自分に一番しっくりくるのを選んで取り入れている。

寝る前にほんの10秒くらいその動きをすることで、
朝起きたときの感覚が、ぐっすり寝れて幸せ…に変化

知っているのと知らないのでは大違い
自分に必要なものを取り入れれば、最適な自分になれる。

そんなことを毎朝体験しています。

ある本では、
睡眠の質が上がれば、パフォーマンスが向上する…
みたいなことが書いてある。

疲れて余裕がない体より、体に余裕がある。
そんな状態の方が、確かに物事に対して、落ち着いて対処したり、
サクサクと作業を進めたりできる。

ここまで読んできて、うっそーと思われる方や
最近、ぐっすり寝れてないなって感じる方に、
一度体験してみたら…と思う。

発達遊びのセッションや発達支援コーチ初級講座でお伝えします。
体が動かすのが億劫という人でもできる
簡単な動きで、より快適な自分に近づいていく。

まだまだ、寒さが続きますね。
みなさま、体調を崩されることのないようお過ごしくださいませ。

ランキングに参加しています。
  あなたの1ポチが大きな励みになります♡


子どもも大人も発達する!
メンタルコーチ 本田由美子


アメブロはこちら♡


このページの先頭に戻る