自閉症について|インタラクティブ・メトロノームで、自閉症・学習障害・認知症の改善!

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング

自閉症について

自閉症について

自閉症について

自閉症は、広汎性発達障害の中の一つです。対人関係とコミュニケーションに問題がみられます。また、異常な反復行動や関心を示すこともあります。自閉症にはスぺクトラムがあり、一方の端には、典型的な自閉症(言葉を話さない、視線が合わない、体をゆらしたり、手をひらひらさせるなどの反復行動をとる)から、もう一方の端の高機能自閉症やアスペルガー症候群(平均あるいは平均以上の知能、特定分野への強い関心をもつ)まで、様々な状態があります。

自閉症の原因

原因は、「脳の損傷から生じる(脳の機能障害)」と考えられます。自閉症の人の脳は、前頭葉(計画と抑制をつかさどる)、大脳辺緑系(感情の調整をつかさどる)、小脳(運動の調整をつかさどる)が異常であることと、自閉症の子どもの30〜50%で神経伝達物質のセロトニンのレベルが高いことが明らかになっています。

Smileの脳・体・心トレーニング&エクササイズ!
自閉症による困難さを軽減させていき、学習するための土台をつくる

インタラクティブ・メトロノーム(IM)トレーニング

インタラクティブ・メトロノーム

アセスメント(14種類の動作)で、一人ひとりの脳の得意不得意を確認します
メトロノームの基準音に合わせて、リズミカルに手や足を動かすことで、脳の回路を強化していきます
メトロノームの基準音とガイド音(基準からどの程度ずれているかを知らせる音)が入ったトレーニングで、「聴覚」を鍛えていきます
このトレーニングによって、どの音に集中したらいいのかを学習することができます。パソコンの画面を通常の画面からヴィジュアル画面(ずれを知らせる画面)に切り替えることで、「視覚」のトレーニングになります
トレーニングプランに沿って、取り組みを行って頂きます
クライアントの状況に応じてskypeでカウンセリング・アドバイスを行い、トレーニングを進めていきます

IMトレーニングを体験された方の感想

ニコニコ1 かんしゃくを起してから落ち着くまでの時間が短くなった
ニコニコ2 学校で以前なら泣いてしまう状況になった時に泣かずに対処できた
ニコニコ1 宿題がトレーニング前よりやりやすくなった
ニコニコ2 リズム運動の動きがよくなった

原始反射統合エクササイズ

自閉症やアスペルガーの子は、不器用で運動嫌いと思われがちだが、複雑な動きが苦手なだけで、体を動かすのは好きです。原始反射統合エクササイズで、触れ合い(スキンシップ)をすることから始めます。そうすることで、触覚過敏を和らげていきます。触れるだけのとってもシンプルなエクササイズでも、かなりの効果を感じることができます。また、その子にとって、無理のない範囲からの遊びを提案します。いろいろな遊びを通して「視覚」を育てていきます。

原始反射統合
お申込・お問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る