ADHDでお悩みの方へ|インタラクティブ・メトロノームで、自閉症・学習障害・認知症の改善!

自閉症・ADHD・学習障害・認知症の改善 Smile
一人ひとりの脳・体・心に合わせたトレーニング

ADHDでお悩みの方へ

ADHDのお悩みの方へ

実際に日常生活や学習の面で支障をきたす子供(6歳〜15歳)は、3%前後ですが、これらの子どもの60%は、大人になっても引き続きADHDをもつと言われています。症状は主に次のグループに分けられます。

多動

そわそわする、落ち着きがない、立ち歩いたり走り回ったりする

衝動的

会話や列に割り込む、しゃべりすぎる、他人の物をひったくる

注意散漫

忘れ物が多い、順序を立てて物事が行えない、日常の作業が困難

ADHDの原因

ADHDの原因として、前頭葉(計画と抑制をつかさどる部位)と大脳基底核と小脳(情動と運動をつかさどる部位)を結ぶ回路で混乱が生じています。要するに、抑制をつかさどる部位が情動と運動をつかさどる部位を抑制していないため、多動や衝動性の症状が出てしまいます。さらに、前頭葉の実行機能(いくつかの認知的作業を同時に協調して行う能力)に問題があるため、計画や組織化、注意の集中が困難になり、注意散漫になります。

ADHD

ADHDを改善するためには

ADHDの対応としては、「前頭葉」を育てていくことがかなり重要と考えられます。前頭葉を育てるために神経伝達物質のドーパミン(楽しい)とノルアドレナリン(緊張感)が必要です。子どもと関わる大人自身がまず、人生を楽しみ前頭葉を活性化させることが重要です。そして、子どもと関わるときに楽しく関わることを基本として、時々緊張感を与えることで、前頭葉を育てていきます。いろいろな療法で言われていることですが、脳の回路を作るには、楽しく継続して取り組むことがとても大切です。

Smileの脳・体・心トレーニング&エクササイズ!
楽しく取り組めるトレーニング・エクササイズで脳機能を向上させる

インタラクティブ・メトロノーム(IM)トレーニング

インタラクティブ・メトロノーム

アセスメントにて、14種類の動作をして頂きます
その結果に基づき、トレーニングプランを作成します
トレーニングプランに沿って、取り組みを行って頂きます
クライアントの状況に応じてskypeでカウンセリング・アドバイスを行い、トレーニングを進めていきます
お子様が飽きずに繰り返しができるよう一人ひとりに合ったゲームの画面でトレーニングをして頂きます
繰り返しのトレーニングで、脳の回路を強化し、集中力、注意力、運動能力の向上を図っていきます

IMトレーニングを体験された方の感想

ニコニコ1 すぐあきらめず、頑張り通す力が付いた
ニコニコ2 落ち着いて座っていられる時間が長くなった
ニコニコ1 集中して課題に取り組む時間が長くなった
ニコニコ2 身の回りの整頓ができるようになった

原始反射統合エクササイズ

「前向き」に頑張る姿勢を育てます。個別セッションにて、お子様が夢中になって遊ぶ遊びを一緒に探します。夢中になって遊ぶこと、楽しさを感じることで脳を育てていきます。

原始反射統合
お申込・お問い合わせはこちら

このページの先頭に戻る